開発テーマの成果診断「COMPASS R&D」

arrow_12x12.jpg開発テーマの成果診断「COMPASS R&D」   arrow_12x12.jpg開発テーマの成果診断「COMPASS R&D」  arrow_12x12.jpg開発テーマの成果に関する調査・研究  arrow_12x12.jpgこのような方にお勧めします

 harmonylink_pagehead_r&d_01.jpg

近年の急速な技術革新、製品ライフサイクルの短縮化、マーケットの多様化・専門化に伴い、新しい製品や事業の開発には、スピーディ且つ正確な判断が要求されます。しかし、自社の開発テーマが現状どのような課題をかかえ、どうすれば成功に導くことができるかを判断するには、膨大な手間とコストがかかり、大変困難です。

研究開発テーマの成果診断「COMPASS R&D」は、過去の研究開発テーマの成功・失敗事例データベースに基づき、現在取り組まれている研究開発テーマを統計的に解析・診断することにより、成功の見通しや成功確度を高めるための課題領域と改善方針を導くアセスメントサービスです。

 

対象

会社・団体

 

概要

当該開発テーマに関わられている方を対象(通常5~30名)に質問シートに答えていただき、調査結果と成功・失敗事例データを照合することにより、開発テーマの成功の見通し、開発テーマの成功確度を高めるための成功条件、開発テーマの課題領域と改善方針を導きます。

 

特徴

・開発テーマが事業として成功するかどうかを診断

当サービスにおける成果は、「開発テーマが製品化・事業化された後に、販売が好調で目標も達成した状態」と定義します。よって、自社の開発力が他社と比較してどうかだけではなく、開発テーマが事業として成功するかどうかを、全社的視点から総合的に診断します。

・充実したデータベース

過去の開発テーマに関する約2,000件の「成功・失敗事例データベースを」整備しました。

・成果への影響度の統計的な裏づけ

各種統計手法により、成功に至るための条件「成功条件」を抽出し、それぞれの成果への効き具合(重み付け)を考慮した診断をします。導き出された課題領域についても、全てを均等に改善するのではなく、成果に影響する課題領域から優先して取り組むことができます。

 

アウトプット

診断結果報告書(総合診断、成功条件別診断、属性別診断、課題領域と改善方針)

 

期間

診断サービスのお申し込み~アンケートの実施・回収に約2週間、アンケート結果の解析・診断と診断結果報告書の提出に約2週間です。また、アンケートの回答には一人当り約30分かかります。

 

備考

診断内容や報告内容のカスタマイズにも対応します。

【診断結果報告書】

harmonylink_R&D_output_01.jpg

  

※開発テーマの成果診断「COMPASS R&D」 のののののsは、株式会社コンパス・ソリューションが開発したサービスです。

 

 

 arrow_12x12.jpg開発テーマの成果診断「arrow_12x12.jpg開発テーマの成果に関する調査・研究

arrow_12x12.jpgこのような方にお勧めします 

 

アセスメントサービスの実施ステップはこちら

お問い合わせはこちら

arrow_10x10.gif top 

arrow_12x12.jpgEnglish